レプロナイザー 家電量販店

レプロナイザーのある家電量販店を探してみた

芸能人やモデルさんが愛用している魔法のドライヤー、レプロナイザー

 

ドライヤーなので家電です。家電が安いと言えばやっぱり、家電量販店ですね。

 

安い家電量販店の代名詞はヤマダ電機です。業界ナンバーワンの売り上げのヤマダ電機なら取り扱いがあると思って、近所のヤマダ電機に行ってみました。

 

しかし、レプロナイザーは置いていません。

 

ヤマダ電機の中でも大きなlabiに行っても置いていませんでした。

 

ヘアビューロン 家電量販店

 

他の電気屋でも置いていないか調べてみると、

 

ジョーシン

家の近所にあったので言ってみたが置いていません。
店員さんに聞いてみると、「リュミエリーナ、レプロナイザー聞いたことがありません、うちでは取り扱って無い」と言われました。

 

エディオン

ドライヤーを見ていると店員さんが来てくれました。パナソニックのナノケアがいいと丁寧に説明してくれましたが、やっぱりリュミエリーナは取り扱いがないそうです。

 

ヨドバシカメラ

やっぱり品ぞろえならヨドバシと思っていってみました。ヘアビューザーは取り扱っていたみたいですが、ヘアビューザーの廃盤で取り扱いをやめたみたいです。

 

ビックカメラ

ついでにビックも寄ってみたら、ヨドバシと同じようにリュミエリーナの取扱いは亡くなったみたいです。

 

現在、家電量販店では購入できないようですね。

 

でも、もっと調査をしていくとこの正規販売店が最安値でした。

 

最安値の正規販売店

レプロナイザーの最安値

はっきり言って、レプロナイザーは高価です。
最上位機種のレプロナイザー3D Plusは41040円、スタンダードモデルのレプロナイザー2D Plusでも27000円します。

 

もっとも、他のドライヤーにはない効果があるので、価格は妥当だと思うんです。

 

なので、安い価格のレプロナイザーを探したくなります。

 

価格の安いレプロナイザーもありますが、価格が定価より安いレプロナイザーは非正規品か偽物です。

 

レプロナイザーの偽物がどんなのかはこっちのページを参考にしてください。偽物が普通に売ってるのがわかります。

 

レプロナイザー 偽物

 

非正規品は販売店が新品と言っていても新品ではありません。

 

転売品や中古品なので本当の新品ではないんです。

 

正規品のレプロナイザーは定価販売だけです。

 

だからと言って定価販売しているお店がすべて正規販売店ではありません。
正規販売サイトマークがあるお店だけが正規販売店です。

 

正規販売店のレプロナイザーは全て本物です。販売価格は定価のみです。

 

正規販売店はいくつかありますが、送料がかかる店がほとんどです。

 

送料無料の正規販売店=最安値のお店

 

になるんです。

シリアルナンバーのあるレプロナイザーが正規品とは限らない

レプロナイザーだけでなく、ヘアビューロンやキュレイナなど、リュミエリーナの製品にはシリアルナンバーがあります。

 

ヘアビューロン 家電量販店

 

シリアルナンバーとは製造した商品ひとつひとつに与えられている個体番号のことです。このシリアルナンバーは同じ数字は存在しません。

 

シリアルナンバーを付けることでメーカーが把握できることがあります。

 

  • 製造年月日
  • 販売ルート
  • 販売店
  • 納入日
  • 購入者(ユーザー登録者)

 

シリアルナンバーはアルファベットと数字の組み合わせです。

 

番号は連番ではなくランダムと思われます。そうすることで偽造が防止できます。

 

偽のシリアルナンバーを作っても、存在しない可能性が高くなるからですね。

 

シリアルナンバーのあるレプロナイザーはリュミエリーナが製造したレプロナイザーです。

 

ここで、シリアルナンバーのあるレプロナイザーが全て正規品という誤解が生まれます。

 

もともと、リュミエリーナの商品にシリアルナンバーがあるのは偽物や模造品に対策のためです。

 

全くの偽物や模造品にはシリアルナンバーが付けられません。シリアルナンバーが無い商品や、存在しない番号の商品は偽物とすぐにわかるようにしているのです。

 

さいかし、シリアルナンバーは偽物や模造品はあぶりだせても非正規品の見分けるツールとしてはあまり役に立ちません。

 

 

レプロナイザーの販売店の中には非正規品のお店があります。

 

ヘアビューロン 家電量販店

 

非正規品のレプロナイザーもリュミエリーナが製造したものです。
しかし、販売者が正規販売店の資格を持っていないお店です。ただ、リュミエリーナの製造した商品なのでシリアルナンバーはついています。

 

このような非正規品はどうやって手に入れているのでしょう。
いちばん多いのは美容室の倒産で差し押さえられた商品です。
現金化するために転売屋に流れてしまいます。

 

中古品の場合もあります。素人転売屋が中古美品やリサイクルショップで売っていたものを新品で販売されていることもあります。

 

非正規品にもシリアルナンバーがあります。

 

正規販売店以外のお店はシリアルナンバーがあればリュミエリーナがサポートしてくれると考えているようです。

 

ですので、
「この商品はシリアルナンバーがある正規品です」

 

と説明して販売しています。

 

しかし、リュミエリーナはシリアルナンバーで購入店がわかります。ユーザー登録のときにシリアルナンバーと購入店と購入日時を登録しないといけません。

 

入力したシリアルナンバーと販売店が一致しなければユーザー登録はできません。

 

レプロナイザーの保証は購入時は6か月です。ユーザー登録をすることで保証が1年延長されるのです。

 

また、非正規品のレプロナイザーに対するサポートは受け付けていません。

 

商品の流れを考えたらわかります。

 

正規品は
リュミエリーナ→正規ディーラー→正規販売店

 

です。

 

非正規品は

 

正規販売店→非正規販売店
だけでなく、

 

正規販売店→何らかの業者→非正規販売店

 

の場合があります。

 

正規品のルートだとリュミエリーナの管理ができます。

 

しかし、非正規品のルートだと商品の管理ができません。

 

故障した商品や中古品、改造品などが混入される可能性があります

 

それが嫌なので、リュミエリーナは正規販売店方式をとっているわけです。公式ホームページでも非正規品を買わないようにアナウンスしています。

 

そして、リュミエリーナは正規販売サイトマークの掲示をしていないお店での購入をしないよう訴えています。

 

そこまでしているんですから、ノーサポートは当たり前です。

 

しかも、非正規品のレプロナイザーもそんなに安くないですし。

 

せいぜい1割くらい安いだけです。

 

1割安いだけで非正規品をつかまされたり、ルールを破るような業者に個人情報を持っていかれるのなら、正規販売店で買ったほうがいいと思います。

 

いちばんお得な正規販売店はこちら